眼精疲労!疲れ目解消のコツ

眼精疲労

眼精疲労!疲れ目解消のコツ

眼精疲労からくる症状は、目のかすみや乾燥、異物感といったものから、だるさ・不眠・イライラ・肩こり・頭痛など様々です。長い時間、細かい字をみたり、パソコンやテレビなどに見入った後は、ショボショボ目になりやすいですね。ショボショボするのは、目の血管が血行不良になってしまった合図です。夜遅くまでパソコンやスマホを操作していたり、テレビを見ていたりすると、しっかりと目の疲れをとることが出来なくなってしまいます。目の疲れは、体全体に不調を及ぼす場合が多いんです。

疲れ目には肩や首こりがつきものです

目の疲れ疲れ目の時は、肩や首のこり、頭痛もいっしょにある場合が多いのが特徴だと思います。肩、首のうしろ、頭頂部などをマッサージは、目の疲れ解消には非常に効果的です。一人ではなかなか肩のマッサージは難しいものですが、ツボの周囲を軽くさすったり、首や肩をまわしたりするだけでも効果があります。特に首の後ろの血液循環を良くすることで、目の疲れを改善する効果は高くなります。

 

目の疲れをとるツボ

ツボは、顔に左右対称に存在します。右下の絵を参考に仕事中や、通勤途中など、いつでも出来る疲れ目解消法してください。絵には4種類のツボを書きましたが、目の周りにはまだまだ沢山の疲れ目に効くツボがあります。押すとツーンとした痛みがある所がツボです。一ヶ所を5~6回くらい押せばOKです。場所がはっきりわからない時は、ツボの周囲を軽くマッサージするといいでしょう。眼球を強く押したり、目を擦ったりするのはNGです。

日常の生活から来る目の疲れ

パソコンやテレビなどは、現代の暮らしの中で避けては暮らせない状況になってきています。「目を疲れさせない付き合い方」を意識的に習慣づけていく事がとても大切です。その他にも何気ない日常生活の中にも、目を疲れさせる要因が隠れています。思いあたる事が無いか、チェックしてみましょう。

日常の生活でできる目の疲れ軽減

本や書類など物を見る時も集中しすぎると疲れ目の原因になります。
目線を少し下にして、リラックスしながらものを見るようにしましょう。

姿勢の悪さで目の疲れが加速する!

眼精疲労

姿勢が悪いと目に必要以上の負担をかけることになり、視力の低下や眼精疲労を招いたり、肩こりや頭痛の原因になります。普段から姿勢を正しくし、目の疲れが出ないように心がけてください。

─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘

大町市あんま指圧マッサージ治療院
光和堂治療院
住所:〒398-0001 長野県大町市平大町温泉郷2884-66
電話:0261-23-6425
予約:mail@kouwadou.net

>>ご予約フォームはこちら

※駐車場あり

受付時間AM11:00よりPM18:00

※診療中等電話対応できない場合がございますのでご了承ください。
その際には、メールフォームにて希望日時等をご入力ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る